増額申込みをする際、他社契約を解約するときに注意したいことは?

低金利のキャッシングローンを増額する際、他にキャッシング契約があると増額審査が厳しくなってしまいます。そのため、借り入れが無い状態の契約は解約する方がベストな選択になります。ただし、解約をしたからといって、直ぐに審査にメリットになる訳ではなく、一定期間待つ必要があります。その理由は、個人信用情報の情報更新であり、解約したからといって、直ぐに反映されません。その結果、個人信用情報では契約状態となっており、審査落ちしてしまうと半年間の再審査は厳しくなってしまいます。

では、このような状態を回避するためにはどうするかというと、解約した月内での増額審査は、避けることが重要です。また、実際に登録情報の更新が完了しているのか、情報開示を行うことも審査を受ける前の準備ポイントになります。

特にクレジットカードのキャッシング枠は、便利だからといって申込みをするだけでなく、インターネットから簡単に手続きが出来てしまいます。ですが、契約内容の変更が実施されるのは翌月からとなり、個人信用情報の情報更新まで更にタイムラグを生じさせてしまいます。

もし、不要なキャッシング契約を解約して、好条件のキャッシングローンを増額する際は、余裕を持つことが重要です。

二社で借入~増額も経験しました

私は今までに二社同時に借入をしました。

急な出費が理由で今まで避けてきた借入に手を出しました。

私が借入した会社は有名なアコムとアイフルです。

双方の借入額は違いますが、申込みから審査、融資まではどちらもとても早かったです。

そして全てネットからできたので、人にバレる事もなくとてもスムーズに進みました。

今まではこういう会社から借入をするのは抵抗がありましたが、スタッフの対応もよく変に緊張をしていた事も全く感じませんでした。

毎月の返済額も幅広く自分に合った返済方法を選ぶ事ができました。

初めに完済したのはアイフルです。

完済後も解約はせず、そのままにしておいたら数日後増額可能の連絡がきました。

増額の予定はなかったのですが、もしもの時を思い増額審査をしてもらうと可能との返事でした。

許容範囲内の金額、毎月の返済を遅れる事なく、また滞納などもなければ増額も可能だったのかと思います。

しかし、一つ怖いのは直接自分の通帳に振込されるので借りたお金だけど、自分のお金のような錯覚に陥ってしまいついつい使ってしまう事です。

お金に余裕があり、いつでも簡単におろせるとわかっているとつい手がでてしまうものです。

急な出費にはとても強い見方ですが、融資をした後はきちんと考えて使わないととても大変な事になってしまいます。

私自信も借入をし、さまざまな事を学びました。

借入は決して悪い事ではありませんが、自己責任をきちんとする事がとても大事だと思います。