学生がキャッシングするなら学生ローン?

大手消費者金融のカードローンは、パートやアルバイトによる収入があれば契約することが出来ます。つまり、満20歳以上かつアルバイトによる安定した収入あれば、学生でも契約することが出来ます。しかし、大学生や大学院生、専門学生がキャッシングをするのであれば、学生ローンを契約する方が断然おすすめです。

大手消費者金融のカードローンは最高金利17.8~18.0%での融資となり、利用限度額も10~30万円程度です。しかし、学生ローンの場合は金利が1%以上も下がり、融資額はほぼ同等のものとなります。総返済額を考慮するのであれば、断然学生ローンを契約する方が利息が低くなります。また、学生ローンといっても、在学中に完済をする必要がない上、社会人になっても契約を継続することが出来ます。つまり、学生時代に取引のあった貸金業者から大手消費者金融のカードローンよりも好条件で融資を受けられるため、将来的にもお得さが生じます。

学生ローンは、悪いイメージが先行してしまうものの、実際には大手消費者金融の貸付条件よりも柔軟性や利便性があるため、決して損ではありません。最近では、関東圏の貸金業者でもインターネットからの申し込みを行うことで地方の学生も利用できるようになり、選択肢の一つと考えるのがおすすめです。