増額申込みをする際、他社契約を解約するときに注意したいことは?

低金利のキャッシングローンを増額する際、他にキャッシング契約があると増額審査が厳しくなってしまいます。そのため、借り入れが無い状態の契約は解約する方がベストな選択になります。ただし、解約をしたからといって、直ぐに審査にメリットになる訳ではなく、一定期間待つ必要があります。その理由は、個人信用情報の情報更新であり、解約したからといって、直ぐに反映されません。その結果、個人信用情報では契約状態となっており、審査落ちしてしまうと半年間の再審査は厳しくなってしまいます。

では、このような状態を回避するためにはどうするかというと、解約した月内での増額審査は、避けることが重要です。また、実際に登録情報の更新が完了しているのか、情報開示を行うことも審査を受ける前の準備ポイントになります。

特にクレジットカードのキャッシング枠は、便利だからといって申込みをするだけでなく、インターネットから簡単に手続きが出来てしまいます。ですが、契約内容の変更が実施されるのは翌月からとなり、個人信用情報の情報更新まで更にタイムラグを生じさせてしまいます。

もし、不要なキャッシング契約を解約して、好条件のキャッシングローンを増額する際は、余裕を持つことが重要です。