教育資金を確保するためにはどのローンが良い?

銀行のカードローンやフリーローンは、事業性資金以外への利用以外では原則的に自由です。そのため、子供の教育資金に利用することも可能であり、カードローンの商品概要や案内には一例として記載されているケースが多くあります。

また、消費者金融に於いてもフリーキャッシングの他、目的別ローンが提供されており、フリーキャッシングに比べ低金利での借り入れが可能です。では、実際に教育資金の融資を受ける方法としてこれらのローン商材が適しているかと言うと、より好条件のローン商材があります。

特に注目するべきなのが、信用金庫系のローン商材であり、近年ではカードローンを展開する信用金庫も増え、銀行カードローンよりも低金利が魅力になっています。金利も銀行のフリーローン並みであり、よりお得に借り入れが可能です。

しかし、さらにお得に教育資金目的にキャッシングも可能であり、信用金庫の教育ローンは金利5%以下の商材もあり、銀行のカードローンやフリーローンより遥かに総返済額を抑えることが可能になります。これから、教育資金を確保するためキャッシング契約を検討している方は、先ずは信用金庫の教育ローンやカードローンをおすすめします。契約条件や審査自体は厳しくなるものの、お得に借り入れ出来るチャンスが広がります。