銀行カードローンをおまとめローンとして利用できないか検討してみよう

複数の消費者金融からの借入があると、金利が高い状態で借入を行なっている可能性が高いです。100万円以上の利用限度額となれば、利息制限法で定められた上限金利が1段階厳しくなるので、金利を実質的に引き下げることが出来ます。消費者金融は、貸金業法に基づいた貸付となってしまうので、総量規制の影響を受けます。既に借入残高が年収の1/3に近づいている場合には、おまとめローン以外は厳しいと考えてしまうでしょう。

しかし、貸金業法に基づくおまとめローンでは、借り換え目的に限定されており、おまとめ後は業界の自主規制により新規貸付がおまとめローン完済まで制限されます。そこで、総量規制対象外の銀行カードローンを申し込んで、借り換え目的と申告した上で審査を行えば、利用限度額を大きく設定してもらえる可能性があるわけです。

銀行カードローンならば、おまとめローンを利用したことにはならないので、実質的に借り換えを行ったとしても新規貸付が制限されることはありません。与信状況に問題が無ければ、銀行法に基づく貸付が行われている銀行カードローンは、消費者金融の借入に影響を与えないわけです。総量規制の影響を恐れて借り換えを制限するよりも、低金利な銀行カードローンへの借り換えを行って、完済を早期に目指すことが大切です。

個人事業主の場合、法人か自営業かで借り入れ方法が異なる!

キャッシング契約をする際、個人事業主の方は銀行カードローンや消費者金融のカードローンを契約し難いという問題があります。これは、銀行や消費者金融のカードローンが、事業性資金に利用出来ないことによるものであり、事業性資金と個人消費によるキャッシングを分離できないということに拠ります。

自営業者の場合、どうしても生活と事業を分離することが出来ず、通信費や家賃、消耗品の購入費用を按分計算していると考えます。特に按分計算は、確定申告などでも必要となりますが、この計算を行っていることはキャッシングを行った際、どちらに振り向けられるのが明確に分離できないことになります。

そこで、自営業でも法人登録をすることで、会社と個人の借り入れを分離することが出来ます。つまり、個人事業主であっても会社から給料をもらって生活をしているという形態であれば、キャッシングをする際に事業性資金と明確に分けることができます。

さらに、法人化をすることで、事業性資金に利用出来るキャッシング契約を行うことも可能になり、借り入れが必要なのが会社か自分自身なのかも分けることが可能になります。もし、会社側の運転資金が必要という方は、貸金業者でも事業性資金を融資している会社があるので、検討するのもおすすめです。

学生がキャッシングするなら学生ローン?

大手消費者金融のカードローンは、パートやアルバイトによる収入があれば契約することが出来ます。つまり、満20歳以上かつアルバイトによる安定した収入あれば、学生でも契約することが出来ます。しかし、大学生や大学院生、専門学生がキャッシングをするのであれば、学生ローンを契約する方が断然おすすめです。

大手消費者金融のカードローンは最高金利17.8~18.0%での融資となり、利用限度額も10~30万円程度です。しかし、学生ローンの場合は金利が1%以上も下がり、融資額はほぼ同等のものとなります。総返済額を考慮するのであれば、断然学生ローンを契約する方が利息が低くなります。また、学生ローンといっても、在学中に完済をする必要がない上、社会人になっても契約を継続することが出来ます。つまり、学生時代に取引のあった貸金業者から大手消費者金融のカードローンよりも好条件で融資を受けられるため、将来的にもお得さが生じます。

学生ローンは、悪いイメージが先行してしまうものの、実際には大手消費者金融の貸付条件よりも柔軟性や利便性があるため、決して損ではありません。最近では、関東圏の貸金業者でもインターネットからの申し込みを行うことで地方の学生も利用できるようになり、選択肢の一つと考えるのがおすすめです。

学生のキャッシングにおける注意点について

近年、よく親からの月々の仕送り額が過去最低を更新したというニュースを耳にすることが多くなりました。好景気などと言われても、足元では苦しい経済状況が続いていることがよく表れていると思います。そんな中で、学生の皆さんは、学費や交際費など様々な出費をうまくやりくりしていかなくてはなりません。

そんな時に、利用することができるのが、キャッシングサービスです。キャッシングとは、つまりお金を借りることで、「アコム」や「プロミス」といった消費者金融会社から借り入れることができます。今回は、このキャッシングの注意点について2つ学生の皆さんに紹介したいと思います。

1つ目は、キャッシングサービスを利用する前に、本当にそれが必要かをよく考えなければならないということです。もし、急にまとまったお金が必要になったなら話は別ですが、自分が浪費したせいで、交際費が足りないといった状況になった場合、安易にキャッシングを利用すべきではありません。自分のお金遣いを反省し、それを改めるのが先です。キャッシングを利用するのは、絶対どうしても必要な時だけにして下さい。

2つ目は、キャッシングを利用した後それを返済できる見込みがあるか考えてから借りるということです。キャッシングを利用してから考えては遅いです。そうすると、返すためにさらにキャッシングを利用するという負の連鎖に陥りかねないからです。ですから、必ずあらかじめ返済できる見込みを立ててから利用してください。

以上、皆さんのお役にたてたら幸いです。

自動契約機でキャッシングをすること

自動契約機というのがキャッシングサービスで利用できるようになっています。その場で契約をすることができて、そして、その場で借りることができるようになっているのです。これはとてもよいサービスであり、いきなりお金が必要になったときに利用することはかなり助かることになるでしょう。

自動契約機というのは無人です。無人契約機と呼ばれることもありますから、これは覚えておきましょう。借りることには色々と書類が必要になります。後で提出しますから、というのではダメです。その場に持っていく必要がありますから、これは注意しておきましょう。

最近では当たり前のように即日融資ができるようになっていますがそれでもできないときもあります。書類がそろっていないときなどはその最たる例であるといえるでしょう。ですから、事前にしっかりと用意できるようにしておいたほうがよいでしょう。身分証とか収入証明のための書類が必要になることがありますから、持っていくことです。

二社で借入~増額も経験しました

私は今までに二社同時に借入をしました。

急な出費が理由で今まで避けてきた借入に手を出しました。

私が借入した会社は有名なアコムとアイフルです。

双方の借入額は違いますが、申込みから審査、融資まではどちらもとても早かったです。

そして全てネットからできたので、人にバレる事もなくとてもスムーズに進みました。

今まではこういう会社から借入をするのは抵抗がありましたが、スタッフの対応もよく変に緊張をしていた事も全く感じませんでした。

毎月の返済額も幅広く自分に合った返済方法を選ぶ事ができました。

初めに完済したのはアイフルです。

完済後も解約はせず、そのままにしておいたら数日後増額可能の連絡がきました。

増額の予定はなかったのですが、もしもの時を思い増額審査をしてもらうと可能との返事でした。

許容範囲内の金額、毎月の返済を遅れる事なく、また滞納などもなければ増額も可能だったのかと思います。

しかし、一つ怖いのは直接自分の通帳に振込されるので借りたお金だけど、自分のお金のような錯覚に陥ってしまいついつい使ってしまう事です。

お金に余裕があり、いつでも簡単におろせるとわかっているとつい手がでてしまうものです。

急な出費にはとても強い見方ですが、融資をした後はきちんと考えて使わないととても大変な事になってしまいます。

私自信も借入をし、さまざまな事を学びました。

借入は決して悪い事ではありませんが、自己責任をきちんとする事がとても大事だと思います。

キャッシングの返済の方式について

キャッシングというのは、返済を借りた後、具体的には次の月あたりからやっていくことになりますが、この方式が実は二つあります。それが約定返済と随時返済になります。より多くの随時返済をしていくことが利息を少しでも抑えるコツになります。はっきりいってなかなか難しいことになります。

そもそもお金を借りた理由はお金がないからです。そんな時にキャッシングサービスを利用するのは決して悪いことではないでしょう。ですから、借りるのは良いのですが問題は返済です。長く借りることによってどんどん利息を嵩ませることになります。それを抑えられるのが随時返済です。名前の通り、随時返済していくことになります。もう一つの約定返済とは決められた日に事前に通告されていた金額が口座から引き落としされる、というやり方です。約定返済だけでも最終的には完済できますが、どうしても長い期間の返済になりますから、利息が嵩むのです。これは避けましょう。

女性にもおすすめの楽天銀行カードローン

数あるカードローン商品の中でも、初めてカードローンの契約をしようと考えている女性でも安心して利用できる商品としておすすめなのが、楽天カードローンとなります。同サービスにはどのような特徴やメリットが有り、どうして女性でも安心して利用できるのか等について解説をしていきます。

・お得で安心感が高い

楽天銀行カードローンは、大手インターネット銀行のカードローン商品ということで、消費者金融のキャッシング商品と比較しても安心度とお得度が高くなっています。

事実、同商品の金利は年1.9%?14.5%と業界でも最低水準になっています。大手消費者金融のキャッシング商品の金利相場は年4.5%?18.0%となっていることから、お得にキャッシングをするならば、明らかに楽天銀行カードローンの方がお得と考えられるのです。

また利用限度額を見てみても、最大で800万万まで利用可能ということで、まとまったお金を必要としている人にもお勧めできますし、総量規制対象外の商品なので、年収に関係なくまとまったお金を借りることもできるのです。